薄毛で悩むAGAの男性を救うプロペシアとミノキシジルについて

プロペシアで育毛促進

AGA(男性型脱毛症)に効果的な経口用発毛剤として有名なのがプロペシアです。
アメリカの大手メーカーが製造、販売し世界的にも有名な発毛剤でもあります。
日本初であり、正式に承認されたAGA用の治療薬で、現在世界においてもこれ以上の治療薬はないとされています。
日本では、2005年に販売されており、瞬く間に人気となり、今ではパイオニア的存在で脱毛界に君臨しています。
有効成分はフィナステリドで、元々はアメリカで前立腺肥大の治療薬として認可されていました。
使用していた患者から、髪の毛が増えたとの報告を脱毛症に効果的なのではと、再開発される流れになりました。
今では世界60か国以上で1000万人以上の方が使用してるとされています。
AGAは男性特有の脱毛症で、前髪のあたりがM字状に薄くなり、頭頂部も丸く薄くなっていきます。
その脱毛の原因が男性特有のホルモンによるものだとされています。
男性のテストステロンとよばれるホルモンが酵素により、DHT(ジヒドロテストステロン)に生成されます。
DHTが原因で通常、数年かかって生え変わる髪の毛の周期が、数か月という短い周期になってしまいます。
周期が短くなると、成長途中の髪の毛が成長しきれず、細医赤ちゃん様な髪の毛になってしまいます。
頭が薄く見えるのは、毛髪が細いせいになります。
そして、毛穴が休止期に入ると全く生えてこなくなってしまいます。
そこで、プロペシアを服用することにより、有効成分フィナステリドが、原因のD HTを生成する酵素を抑制してくれるので、DHTが生成されなくなります。
髪のサイクルが通常に戻ると、細くなっていた髪の毛がしっかり成長するだけではなく、休止期に入っていた毛穴から髪の毛がはえてくる仕組みです。
現在、経口治療薬でこれ以上の発毛剤はないといっても過言ではないほど、画期的な医薬品です。
そしてさらに効果を求めるのであれば、同時に育毛剤と併用することです。
ミノキシジルと呼ばれる成分があるのですが、外用治療薬で使われています。
世界で薬用育毛剤として認められている成分はミノキシジルのみです。
日本では大正製薬からリアップというシリーズで販売されています。
日本で販売されているものは含有量が海外のものよりは少なくなっています。
AGA治療には、外用治療薬と、経口治療薬の併用でさらなる効果が期待できます。

【参考サイト】
 AGAに効果的なプロペシアジェネリック通販ガイドを確認する